2020/1/7 セイウチの夢

風邪をひいたからか変な夢を見た。 合宿所のようなところにセイウチの赤ちゃんがうちあげられて、畳の上であえいでいる。 抱き上げて洗面所でぬらしてあげるんだけど、とにかくぬめぬめして魚臭くてすべってしまう。 セイウチの赤ちゃんは水でぬらしてあげると元気になって、どこかへ(多分、海)へ行ってしまうが、その後合宿内で、わたしがいじめの対象になる。 セイウチの赤ちゃんを洗った洗面台のくもった鏡に、あることないこと指で悪口がかかれてて鏡の向うにひそひそ笑う女の子たちがいる。 ただそれだけなんだけど、起きたときに「このこと記録しておかなきゃ」と寝ぼけた頭で思ったから一応記録。 セイウチのぬめりとした体の感触と、昨日まで優しかった女の子たちがとたんにわたしの悪い部分を丁寧に指摘して、存在を無視しようとするときの、ぞわぞわする感覚。 子どものころに体験した数少ない魚釣りや、それなりに体験したちょっとした仲間はずれ。 こういうのは詳細な記憶というより、感覚的に肉体的に覚えているんだな、と思う。 自分の子どもたちがいま体験していることも、いつか変な夢となって思い出されるのかもしれない。 自分が原因となる冷ややかな体感をできるだけ減らすよう努力して、 楽しい体感を増やしてあげることくらいしか、親にはできない。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020/2/22 なんでもない日

土曜日だが夫は仕事で、早朝出かける姿を薄めでみながら手だけ振って二度寝。 6時過ぎに起きだして、子どもらとごはんを作って食べ、朝ドラを見て、息子は野球。 娘が両親宅に遊びに行ったので、久しぶりに徹底的に掃除をしたり布団をほしたり、 洗濯機を3回くらい回したり。 ひな壇を出す。組み立てるのが毎年大変なくらい大きな、40年ほど前に祖母に買ってもらった豪華なおひなさま。 なんとかでき上がった頃に、娘と両

2020/2/19 ペーパードライバー

自動車免許を取ったのは18歳だった。アメリカに留学して、高校の友だちの誰も彼もが車を乗り回していて羨ましかったのだ。帰国してすぐ取った。取ったはいいものの、当時親が持っていた車がやたらに大きくて、何度か乗ったものの車幅がよくわからないし、隣に乗っている親には「ちがうちがう!」と起こられるし、そもそも日本の高校生が車乗り回す機会なんてなくて、そのまま……。運転免許証は本人確認証明書に成り下がって20

2020/2/18 健全のある場所

久しぶりに都心へ。電車内はマスクをしている人がほとんど。 私もつけている。 インフルエンザ、花粉症、コロナウィルス、 予防しなくちゃいけないものが空気の中にたくさんあり 不特定多数の人が一緒に居る空間は確かに危険だ。 なかには全員テレワークを実施している企業もあるようだけど、学校や大多数の企業が休校やテレワーク導入に踏み込むのは、なかなか実現しないだろうな。 アジアの他の国々はすでにさまざまに対策

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© since2019 by Yasuko Tamaiko