2020/1/25 子どものためのバイオダイナミクス

お世話になっているボディワーカーさんのご紹介で、

「子どものためのバイオダイナミクス」という会に参加させてもらった。

娘をつれて戸塚まで。 バイオダイナミクスというのは……難しすぎて私には全然理解できていないのだけど、オステオパシー療法といって体にごくごく軽く触れる医療で…ってこうして文章にして説明することができない。 とにかく、ひとことでいうとごくごく軽く触れてもらって体の中の流れを整えてもらう感じ。触れてもらっているだけなのに、内側がうごめいたり落ち着いたり軽くなったりもする。自分の不健康さより健康で開けたところに光が当たる感じ。

と私が書くとますます怪しく感じられるので、この辺で。 とにかく娘に出ているいろいろな、病院にいっても治らない、つらさや痛さを少しでも緩和できたらなあと。 何でもアメリカから偉大な先生が講習にいらっしゃるそうで、お弟子さんが講習を受けて子どもたちを実際に診て、最後に先生がチェックしてくれるという流れだそうだ。 会場にはたくさんの親子連れが居て、たくさんのお弟子さんがいて、並んだベッドで次々と子どもたちの体に触れていた。ふんわりと触れていて、動き回っている子たちも、横になって気持ちよさそうにぼんやりとしている。 その風景を見てるだけでこっちも眠くなる。娘も、優しそうな女性の施術者さんにふれてもらっているあいだ、とても静かに深い呼吸をしながら気持ちよさそうだった。 その後、先生に見てもらうまでが本当にたくさんの人がいるので待ち時間が長かった。事前にきいてはいたけれど、なかなかに長い。娘が疲れ始めたので帰ろうかどうしようか迷うが、2時間ほどして!順番が回ってきた。これでもラッキーなほうで、あとできけば受けられない子もたくさんいたみたいだ。 先生の施術を横でみていたら、娘に振れながら「ふんふん、ああそう。ああ、いいね。そうそう、もうちょっとだよ、そうそう、そうなのー」みたいな感じで(英語です)ぶつぶつ楽しそうにおっしゃってる。娘が「何?」ときくので「えっと、大丈夫やって」って言ってみる。 娘は体が完全にリラックスしてる。目の輝きがちょっと増してきたなあと思ってみていると私も気持ちよくなってくる。ふと気づくと先生がめっちゃ私を見ていた。目力が半端ない。ボディワークの達人の人たちってみんな目力がすごい。 10分ほど診てもらって終了。 私のワーカーさんや娘を診てくれたお弟子さんにお礼を言って、

あ、そうだ。私のワーカーさんを通して、娘にと、フラワーエッセンスのとても良い香のスプレーを作ってくれた方にもお会いできてお礼が言えてよかった。 娘は石とか花とか植物とかが本当に好きなので、こういう、言葉にできない微細なやわらかさのなかで、生き生きするタイプなんだと改めて思った。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020/2/12 ゴジラ

朝になると息子の熱は37度台に下がっていた。 食欲も結構あるらしい。回復、はや! やっぱり普段から運動もしまくって食べる量がはんぱなく、 好きなことだけして早寝早起きしているからか、 体力があるんだろうなあと思う。 娘が10月にかかったときには40度超えが3日くらいつづいて 解熱剤も効かなくて参った。 そばにいてというのでリビングで原稿を書くが 息子が大音量でゴジラ映画をみてるのでまったく集中でき

2020/2/11 インフルエンザ

昨日、仕事から帰ってすぐ、息子が帰宅して ふーっとソファに座り「ねえお母さん」というから「どうしたの?」ときくと 「…病院、いこうかな」という。 熱を計ると38.6℃。なにこれやばいヤツ。 病院にいくとばっちりインフルエンザだった。 A型は去年の10月に娘もかかっているから、 娘にはうつらないだろうけど、念のため娘には祖父母の家に泊まってもらうことに。 夜には39℃を越えていたが、苦しいともいわ

2020/2/1 アーユルヴェーダの会

天気の良い暖かい土曜日。 娘をつれて上石神井にあるイベントスペース「東京おかっぱちゃんハウス」へ。 知人のアーユルヴェーダセラピスト池田早紀さんの 「お母さんとこどものためのアーユルヴェーダの会 くらしの知恵と食の薬箱」に参加するため、娘を連れていった。 アーユルヴェーダに関しては私は素人だが、早紀さんほか親しい友人が専門家であったりするので、少しだけ触れている。早紀さんとは以前しごとで、「アーユ

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© since2019 by Yasuko Tamaiko