2020/1/20 運

昼前に荻窪で約束があり、

間に合うように準備していたつもりが、 新しいインターネット回線の接続に思ったより時間がかかり、予定の特急を逃してしまう。 あらら…と思って急ぎ駅につくと、自分が乗るはずだった電車が少し先の駅で、 人身事故を起こしていた。 振替輸送で、多くの人たちが波のように振り替えされていくのに紛れて 遠回りして30分遅刻で約束の場所についた。 ついてない。

というような、気持ちになってしまうのが怖い。 そんなふうに当たり前に人身事故をとらえてしまう感覚が。 予定の電車に乗れていたら、あたってしまっていた。 数年前、そういう電車に乗っていたことがある。 職場から、子どもが待つ家に急いでいた車内だった。

突然の衝撃に身の危険を感じて、冷や汗をかいた。20秒くらい揺れたまま電車が走り、止まった。事故だった。

窓という窓にブルーシートがかけられ、パンタグラフが外されたせいで電気が消された車内は、真夏だったからサウナのようだった。汗をかきながら、電話をして事情を話したり、あきらめたように本を読んだり、寝たりしながら、みんな淡々と、あきらめたようにときをまった。何事も感じないように。何事もなかったかのように電車が動きだすまで。 昨日ハンストをしてぷんぷんしていたけれど、

今日出かけた先で、なにかが怒り、もう子どもたちに会えなくなる可能性は、 きっと今のこの世の中にいて、そんなに小さな%じゃないだろう。


約束していた時間は、とても濃くて良い時間だった。 私の可能性を、自分以外の人が教えてくれることはたくさんある。 その人の可能性が、そこにあるのが私には見える。 行った先で、ペンが必要だったのに、隠し事をしているはずのわたしはペンを忘れて、

慌てて駅にある本屋で買ったらおつりが5円だった。 新しい年号になってから生み出された5円は、金ぴかに輝いていた。

思わず「きれいな五円ですね」というと、レジの女性もふと顔を上げて

「ほんとに」と笑った。


いつも運が、そこにある。 悪い運の先に、良い運が。良いも悪いもない運が。 生きつづけていさえすれば。 と、思いたい。

最新記事

すべて表示

2020/2/22 なんでもない日

土曜日だが夫は仕事で、早朝出かける姿を薄めでみながら手だけ振って二度寝。 6時過ぎに起きだして、子どもらとごはんを作って食べ、朝ドラを見て、息子は野球。 娘が両親宅に遊びに行ったので、久しぶりに徹底的に掃除をしたり布団をほしたり、 洗濯機を3回くらい回したり。 ひな壇を出す。組み立てるのが毎年大変なくらい大きな、40年ほど前に祖母に買ってもらった豪華なおひなさま。 なんとかでき上がった頃に、娘と両

2020/2/19 ペーパードライバー

自動車免許を取ったのは18歳だった。アメリカに留学して、高校の友だちの誰も彼もが車を乗り回していて羨ましかったのだ。帰国してすぐ取った。取ったはいいものの、当時親が持っていた車がやたらに大きくて、何度か乗ったものの車幅がよくわからないし、隣に乗っている親には「ちがうちがう!」と起こられるし、そもそも日本の高校生が車乗り回す機会なんてなくて、そのまま……。運転免許証は本人確認証明書に成り下がって20

2020/2/18 健全のある場所

久しぶりに都心へ。電車内はマスクをしている人がほとんど。 私もつけている。 インフルエンザ、花粉症、コロナウィルス、 予防しなくちゃいけないものが空気の中にたくさんあり 不特定多数の人が一緒に居る空間は確かに危険だ。 なかには全員テレワークを実施している企業もあるようだけど、学校や大多数の企業が休校やテレワーク導入に踏み込むのは、なかなか実現しないだろうな。 アジアの他の国々はすでにさまざまに対策

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

© since2019 by Yasuko Tamaiko